LATEST NEWS 2016年12月21日

19日に本郷の化学西館で「電源コードから出火」 実験室一部焼けるも、けが人なし

 本郷キャンパス化学西館の3階の実験室から12月19日午前5時35分ごろ出火し、排気装置周辺が焼けた。火事は同日の午前6時10分ごろ消し止められ、けが人はいなかった。理学部総務チームは火事の原因について「電源コードから出火した」と説明した。

 

 理学部総務チームによると出火当時、実験室は無人で施錠されており、火災報知機の警報に気付いた警備員が通報した。24時間で稼働していた実験機器が複数あり、「その機器につながっていた電源コードがショートし出火したと考えられる」という。出火した実験室は21日現在使用不可で、総務チームの担当者は「修復を進めていかなければならない」と語った。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2019年06月21日

Take a Walk through Todai’s Campuses with Dr. Thurgill #2 Sanshiro Pond, Hongo Campus

COLUMN 2018年03月16日

【受験生応援2018】東大に実家から通えるのはどこまで?

EVENT 2016年11月18日

初日から300人来場!いま話題の「東京大学制作展『FAKE FUTURE』」ではどんな体験ができるのか?

COLUMN 2019年02月20日

【受験生応援2019】2次試験会場の注意点 〜理系編〜

COLUMN 2016年10月29日

人間を自由にする大学教育 東大の海外体験活動「ドキュメンタリー制作」の理念とは

TOPに戻る