SPORTS 2016年5月28日

ホッケー男子 今季初得点も逆転負けで1部2部入替戦出場が決定

東大の今季初ゴールを決めて喜ぶ佐藤選手(#10)(撮影・関根隆朗)
東大の今季初ゴールを決めて喜ぶ佐藤選手(#10)(撮影・関根隆朗)

 ホッケー部男子(関東学生リーグ1部)は5月28日、春季リーグ順位決定予選をBプール3位の早稲田大学と戦い、守備陣が粘れずに敗れた。東大は試合開始5分で先制するも逆転され、後半に入ると早大の攻撃を受け守勢に入り、力負けした。リーグ7位以下が決定し、1部2部入替戦出場が決まった。

 

東大|11|2

早大|22|4

 

 前半5分に東大は右サイドから敵陣へ攻め上がると、佐藤寛也選手がチーム今季初得点となる先制ゴールを決める。序盤は早大のロングパスをカットして攻め、守備陣もゴールに迫られながら要所でうまくクリアする堅守でリードを保つ。

 しかし、自陣後方への平凡なパスを受け損なうミスが出ると試合の流れが変わる。自陣深くへ攻め込まれると、相手の鋭いシュートをキーパーがこぼし同点に。前半25分にはゴール前の混戦から高く浮いたシュートでゴールラインを割られ、勝ち越しを許す。後半は度々ボールを奪うもパスのミスなどで保持できず、徐々に防戦一方となり3点目を与える。

 

野瀬選手(#4)のゴールで一時1点差とする(撮影・関根隆朗)
野瀬選手(#4)のゴールで一時1点差とする(撮影・関根隆朗)

 それでも後半20分、左サイドからドリブルで上がってゴール前へボールを運ぶと野瀬陽平選手がこぼれ球を押し込み、1点差に詰め寄る。畳み掛けるように敵ゴールへ迫るが、逆にボールを奪われると速攻から追加点を奪われ万事休す。そのまま2-4で敗れた。

 東大は1部Aプールで3試合連続零封負けを喫し、プール最下位が決まっていた。次は6月5日に、前回0-2で敗れた慶應義塾大学と7・8位決定戦を戦い、6月26日に1部2部入替戦を戦う。

 

後半、痛恨の4点目を許しうなだれる東大の選手たち(撮影・関根隆朗)
後半、痛恨の4点目を許しうなだれる東大の選手たち(撮影・関根隆朗)

 

【関連記事】

東大ホッケー男子 6季ぶりの1部昇格

6季ぶり1部で、1点も奪えず連敗 ホッケー男子

ホッケー男子、慶大に0-2で敗北 3試合で未だ得点なし

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2014年12月30日

東大ラクロス男子5年連続でFINAL4進出

COLUMN 2016年08月06日

【東大水泳部水球陣寄稿】リオ五輪「水球」の見どころ

SPORTS 2017年02月24日

データで読み解く東大のドラフト候補・宮台の現在地

SPORTS 2016年10月16日

【部員が見る軟式野球④】失策響き慶大に惜敗

SPORTS 2016年05月08日

硬式野球部、立大に投打で完敗 勝ち点は明日の試合で

TOPに戻る