SPORTS 2018年6月5日

【部員が見る軟式野球2018⑫】決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

春季リーグ戦プレーオフ第2戦vs法政大学(5月18日)

 

法大 0 0 0 0 1 0 1 0 2 | 4

東大 0 0 0 0 0 2 0 0 0 | 2

 

 勝てばリーグ優勝が決まる重要な一戦、東京大学は先発に小林(農・3年)を送り出す。その小林は四回まで被安打2の投球を見せるも打線が援護できず、両者無得点のまま四回を終える。

 

一時勝ち越しとなる適時打を放った吉川選手(写真は軟式野球部提供)

 

 試合が動いたのは五回表。東京大学は安打と四死球で一死満塁のピンチを背負うと、法政大学の二番、市川に右前適時打を浴び、先制を許してしまう。

 

 逆転したい東京大学は六回裏、二死から二番松本(文・4年)が安打で出塁すると、続く三番保知(文Ⅱ・2年)、四番吉川(理Ⅰ・2年)の連続二塁打で逆転に成功する。このまま追加点を奪いたい東京大学だったが、法政大学の先発橋本に代わって登板した林田の好救援により勢いを止められてしまう。

 

 続く七回表、小林に代わった西野(育・3年)が法政大学の九番清野に三塁打を浴び、さらに暴投で同点に追いつかれてしまう。

 

 九回表、東京大学は安打と2死球で満塁のピンチを迎えると、法政大学の一番井上に内野安打を浴び、失策も絡んで2点を失う。

 

 なんとか追いつきたい東京大学であったが、法政大学の好守備にも阻まれそのまま試合終了となった。3校が1勝1敗で並んだため、優勝決定戦は後日に再度開催に。チーム一丸となって勝利をつかみたい。    

 

文責:軟式野球部 柏木大知(理Ⅰ・2年)

【部員が見る軟式野球2018】

開幕戦、西野投手の完投で法大を下す

明大に4ー3で開幕2連勝

慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

法大に逆転を許し2連敗

立大に無失点勝利で前半戦折り返し

打線がつながり明大に快勝

早大とのエース対決制し、首位に並ぶ

打線封じられ、立大にわずか4安打で敗北

早大に競り勝ち、今季6勝目

リーグ優勝に向けて慶大に快勝

早大とのプレーオフ 打線爆発で圧勝

決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

打線に力なく法大に1ー6 優勝ならず

新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

春季ブロック大会 新チームで逆転勝利

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年10月23日

硬式野球、打線振るわず法大に連敗 1勝10敗で最下位確定

COLUMN 2014年05月10日

なぜ東大水泳部主将は「先回り思考」を重視するのか。

SPORTS 2017年04月15日

【部員が見る軟式野球②】東大軟式野球部、明大に1―0で今季初白星

COLUMN 2015年05月05日

「来年こそは」で終わらせない 〜東商戦勝利の先に見据える、日本一という目標〜

SPORTS 2017年06月24日

東大アメフト 防衛大に24-20で逆転勝利 今季オープン戦最終戦で初白星

TOPに戻る