LATEST NEWS 2014年6月18日

13年度就職状況 三大銀行上位占める

東京大学新聞社は、各学部・研究科への問い合わせを基に、2013年度卒業者の就職状況を集計した。学部卒業者の就職先で最も多かったのは三菱東京UFJ銀行、大学院修了者では日立製作所だった。中央省庁への就職では、学部卒業者では総務省、大学院修了者では経済産業省が最も多かった。

Screen Shot 2014-06-18 at 10.44.58.pngScreen Shot 2014-06-18 at 10.44.50.png《データの集計方法》

13年度卒業者は14年3月卒業者以外にも、13年9月卒業者などを含む。データは各学部・研究科への問い合わせを基に作成しており、各学部・研究科に報告していない者や、就職を辞退した者などの人数が反映されていないため、実際の就職者数とずれが生じる場合がある。一部の学部・研究科では進学者数が未公表になっている。

本データの転載については、np(at)utnp.orgまでお問い合わせください。

本紙では、各学部・研究科ごとの詳細なデータを掲載しています。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月18日

How to succeed in job-hunting: career advice from Professor Sheena Iyengar

COLUMN 2014年03月28日

「ガクチカ」という言葉を使う就活生の9割は失敗する 霜田明寛の就活十番勝負4

INTERVIEW / OBOG 2017年05月09日

「ねほりんぱほりん」プロデューサーと考える 人間の面白さと東大生の多様性

INTERVIEW / OBOG 2014年06月13日

「『東大生思考』を捨てよ!」 ボルテージ津谷会長からのメッセージ

COLUMN 2017年01月26日

実験できない研究室【調査報道:ブラックラボとは何か①】

TOPに戻る