SPORTS 2019年10月1日

【部員が見る東大軟式野球2019秋⑨】初回に攻められ早稲田大に5-2 連敗続く

軟式野球部秋季リーグ第9戦vs早稲田大学(9月25日)

 

早大 2 1 0 1 0 0 0 0 1 | 5

東大 0 0 0 0 0 0 2 0 0 | 2

 

 相手は2勝5敗と勝ち点で並ぶ早稲田大学。一つでも上の順位を目指すために絶対に負けられないこの試合に、東大は先発のマウンドに初先発となる横山(理Ⅰ・1年)を送り込む。

 

 試合は初回から動いた。2本の安打から一死一、三塁のピンチを迎えると、相手の四番打者に適時二塁打を打たれ2点を先制される。二回にも二死三塁から暴投により1点を取られ、苦しい展開となる。しかし後を受けた今リーグ初登板となる赤羽(理Ⅰ・2年)は、1点を取られたもののテンポの良い投球で相手打線を勢いづかせない。

 

リーグ戦初登板を果たし、好投を見せた赤羽(理Ⅰ・2年)(写真は軟式野球部提供)

 

 六回まで相手のエースを打ちあぐねていた東大は、七回裏に先頭の吉川(工・3年)が四球で出塁すると、ここで相手投手が交代し、二つの四球などで二死満塁の好機を作ると、一番中谷(医・3年)の押し出し死球と相手投手の暴投で2点を返す。また八回裏に二死一塁から中久保(文Ⅰ・1年)の二塁打で一塁走者が本塁を狙うも、惜しくもアウトとなってしまう。

 

 東大は、九回表に安打、失策、死球で二死満塁のピンチを迎えると痛い押し出し四球を与えてしまう。九回裏に代打攻勢に出るも、牽制死などで3人に終わり、東大は2対5で敗戦を喫した。

 

文責:軟式野球部 鈴木陽也(理Ⅱ・2年)

【部員が見る東大軟式野球2019秋】

開幕戦、春季覇者の明治大に惜敗

打撃振るわず法政大に完封負け

失策絡み慶應大に2-3で敗れる 開幕3連敗

11回裏ホームラン浴びサヨナラ負け 1勝遠く

早大に勝利し連敗抜け出す

投手陣好投も打撃振るわず法政大にサヨナラ負け

先制許すも慶應大に6-2で逆転勝ち

四死球、失策が絡み立教大に完封負け

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2017年11月20日

アメフト 駒澤大に敗れ2連敗 次の最終戦に勝てばチャレンジマッチ進出決定

COLUMN 2018年11月07日

東大生虎党に聞く、なぜ弱かった今年の阪神 主砲不在、若手は甲子園の大観衆に萎縮?

INTERVIEW / OBOG 2015年09月15日

多くの困難に挑戦せよ:甲子園から東大へ。市川武史さんが伝える夢を叶えるヒント

COLUMN 2017年11月20日

東大硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 秋季リーグ戦をデータ面から振り返る

NEWS 2017年10月22日

アメフト 大雨の中、学芸大との接戦制し開幕4連勝

TOPに戻る