EVENT 2015年11月11日

11/25(水) 映画『レストレポ前哨基地』先行上映&トークショー

全米での公開直後から、その映像の迫力やドキュメンタリーとしてのリアリティから高い評価を受け、映画評価サイト「ロッテン・トマト」でも満足度96%の好評化を得ている映画『レストレポ前哨基地』が、11月28日(土)から日本で公開される。  

 

『レストレポ前哨基地』PART.1&2ポスター_s (1)

 

  サンダンス映画祭にてGrand Jury Prize: Documentaryを受賞するなど、25もの賞を受賞しているこの映画の先行上映会&トークショーが、11月25日(水)に行われる。「安保法制はどこが間違っているか?」と題したトークショーには、小林よしのり氏(漫画家『ゴーマニズム宣言SPECIAL「戦争論」「新戦争論」』)、加藤朗氏(自衛隊を活かす会/桜美林大学教授『13歳からのテロ問題』)、佐野伸寿氏(自衛官/映画監督『ウイグルから来た少年』)などが登壇する。 詳細は以下のとおり。  

 「アメリカの治安維持という名の“対テロ戦争”から考える日本の未来」

これが“治安維持”という名の「対テロ戦争」の現実──。 地上で最も危険な戦線に派兵された米軍小隊を追ったドキュメンタリー映画『レストレポ前哨基地』緊急公開! 日本の安全保障問題を、小林よしのり氏と、自衛隊を活かす会の加藤朗氏、現役自衛官の佐野伸寿氏の3人が語るトークイベント開催!

全米公開時に、その圧倒的にリアルな描写で、アカデミー賞やサンダンス映画祭をはじめ25もの賞に選ばれた映画『レストレポ前哨基地』(PART.1&PART.2)が、渋谷アップリンクにて2015年11月28日(土)より緊急公開いたします。 本作は、地上で最も危険といわれたアフガニスタンの戦線へ2007年に派兵された米軍小隊に密着し、“治安維持”という名の「対テロ戦争」の現実を捉えたドキュメンタリー映画です。   公開に先駆け、11月25日(水)に渋谷ユーロライブにて、小林よしのり氏らをゲストに迎え上映&トークイベントを開催いたします。今年9月に可決・成立した安全保障関連法。集団的自衛権の行使が初めて可能となり、外交・防衛政策が大きく転換することになった今、日本は世界情勢とどう対峙するべきなのか。 社会問題に斬り込み、数々の論争を巻き起こしている漫画家の小林よしのり氏と、元防衛研究所所員で多くの紛争地に自ら赴いている「自衛隊を活かす会」呼びかけ人の加藤朗氏、映画監督でありながら自衛隊員としてイラク復興人道支援活動の経験のある佐野伸寿氏。それぞれの立場から、今作で描かれる戦場の現実と、日本の安全保障について語ります。


映画『レストレポ前哨基地』公開記念 先行上映&トークイベント 「安保法制はどこが間違っているか?」

日時:2015年11月25日(水) 開場18:15、上映18:45、トーク20:20(22:15終了予定)

会場:ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)

上映作品:『レストレポ前哨基地 PART.1』※PART.2は上映いたしません。

料金:一般1,500円/学生1,200円(当日一般1,800円/当日学生1,500円)

トークゲスト

◇小林よしのり 漫画家(『ゴーマニズム宣言SPECIAL「戦争論」「新戦争論」』)

◇加藤朗 自衛隊を活かす会・桜美林大学教授〉

◇佐野伸寿 現役自衛官・映画監督(『ウイグルから来た少年』)

☆Peatixにてチケット発売中 http://peatix.com/event/127743

  『レストレポ前哨基地』Part.1_main

 


 

2015.11.18 イベントタイトルが変更されたため修正いたしました。

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2015年10月05日

「世の中の奴隷になるな。違和感は大切に」映画作家想田和弘さん 後編

COLUMN 2016年10月29日

ロサンゼルスでドキュメンタリー制作 引率教員が見た学生の成長

EVENT 2015年12月09日

12/11(金)東大生制作 日系アメリカ人ドキュメンタリー上映会

NEWS 2015年07月20日

本郷にて濱口竜介監督の作品上映会+トークショー

INTERVIEW / FEATURE 2015年09月01日

社会運動における研究者の役割とは?『首相官邸の前で』社会学者 小熊英二さん

TOPに戻る