「健康」の記事一覧

ニュース

2021年10月21日

乳がん発症環境が整えられる仕組みを解明

 竹内康人助教、後藤典子教授(共に金沢大学)、東條有伸教授(東大医科学研究所=研究当時。現名誉教授)らは10月15日、乳がん発症の超早期にがん細胞を取り囲む「微小環境」が形成される仕組みを共同で発見した。微小環境は乳がんの発症に必須であることから、将来的にはがんの発症予防や早期治療につながることが期待される。成果は、18日の週の米学術誌『米国科学アカデミー紀要』(電子版)に掲載される。  発

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit
hidari_handle




TOPに戻る