「東大教員」の記事一覧

インタビュー

2016年03月22日

「ひたすら実験、全てが楽しかった」ノーベル物理学賞受賞・梶田教授インタビュー

 梶田隆章教授(宇宙線研究所所長)は素粒子の一種であるニュートリノに関する研究で2015年にノーベル物理学賞を受賞した。梶田教授はニュートリノが質量を持つことを実験的に明らかにし、従来の理論を超える考えを示した。岐阜県飛騨市神岡町にあるスーパーカミオカンデという観測装置での観測が今回の発見につながった。梶田教授に今回の研究、東大での思い出などについて話を聞いた。 (取材・古川夏輝、石原祥太郎 撮
1 2 3 4 5
TOPに戻る