SPORTS 2015年10月27日

東大硬式野球 逆転負けで連敗、リーグ優勝は早慶戦で決定

硬式野球部(東京六大学野球)は25日、立教大学との2回戦を戦い、3-6で敗れた。東大は同点の四回に白砂謙介投手(育・4年)の適時二塁打で1点を勝ち越すも、六回に2点を失って逆転負けした。今季は1勝10敗に終わり、36季連続の最下位。26日に法政大学が明治大学に勝利したため、リーグ優勝の決定は31日からの早慶戦に持ち越される。早稲田大学が勝ち点を挙げた場合は早大、慶應義塾大学が2勝0敗で勝った場合は慶大と明大の優勝決定戦の勝利校、慶大の2勝1敗の場合は明大が優勝校となる。

 

立大|020002200|6

東大|200100000|3

 

東大は初回、2四球で1死一二塁とすると、楠田創選手(理Ⅱ・2年)が左中間を破る適時三塁打を放ち2点を先制する。二回に2本塁打で同点に追い付かれるも四回、1死二塁から白砂投手の適時二塁打で1点を勝ち越す。しかし六回、代わった辰亥由崇投手(文・4年)が先頭の出塁を許すと、1死二塁から二塁打を浴びて同点に。さらに2死一二塁から中前打で勝ち越される。七回には2失策で2点を追加されると、流れを取り戻せずそのまま敗れた。

 

初回に楠田選手の適時打でホームインする山田大成選手(文Ⅲ・2年)(撮影・古川夏輝)
初回に楠田選手の適時打で山田大成選手(文Ⅲ・2年)が2点目のホームを踏む(撮影・古川夏輝)

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年10月21日

【部員が見る軟式野球⑥】過密日程の初戦は早大に惜敗

SPORTS 2016年04月19日

硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

NEWS 2017年05月21日

東大・五月祭で高橋まつりさんの母親と弁護士が講演 東大新聞主催シンポジウム

SPORTS 2018年05月06日

硬式野球 0-1でサヨナラ負け 小林投手が好投見せるも早大に惜敗

COLUMN 2018年03月12日

【受験生応援2018】初修外国語を決めよう!各言語の特徴・クラスを徹底比較

TOPに戻る