SPORTS 2018年10月8日

硬式野球 明大に惜敗 無安打で迎えた最終回に粘り見せるも及ばず

 硬式野球部(東京六大学野球)は10月8日、明治大学との3回戦に臨み、1─2で敗れた。6日の1回戦では四回途中6失点と崩れた先発の小林大雅投手(経・3年)は、8回5安打2失点と好投。しかし打線は大学日本代表にも選ばれた森下暢仁投手の前に八回までノーヒットに抑えられる。九回に初安打を放ちなんとか1点を返すが、引き分けに終わった7日に続き今季初勝利を挙げられなかった。次は10月20日午後1時半ごろから、今季最終節となる法政大学との1回戦を戦う。

 

力投を見せた小林投手(撮影・児玉祐基)

 

東大|000000001|1

明大|00101000×|2

勝:森下(明大) 負:小林(東大)

 

 先発の小林投手は打たせて取る投球で二回まで無失点に抑える。しかし三回1死から中前打を浴びると、盗塁と進塁打で2死三塁のピンチを招き、打率リーグトップの渡辺佳明選手に左前にうまく運ばれ失点。五回にも2死三塁から左前打を浴び失点するが、その後は走者を背負いながらも持ち味の粘りの投球を見せ失点を許さない。

 

六回、2死一三塁のピンチをしのぎガッツポーズの小林投手(撮影・児玉祐基)

 

 打線は初回こそ四球で走者を出したものの、二回以降150キロに迫る直球と緩いカーブを軸に組み立てる森下投手の前に手も足も出ず、安打はおろか1人の走者も出すことができない。七回には今季初めてスタメン落ちした岡俊希選手(文Ⅰ・2年)が代打で登場するも三振。八回も代打攻勢に出るが三者連続三振を喫す。

 

八回2死、代打で登場するも三振に倒れた石元悠一選手(文Ⅲ・2年)(撮影・児玉祐基)

 

 ノーヒットノーランが現実味を帯びてきた九回、好投を続けた小林投手の代打で登場した梅山遼太選手(理Ⅰ・2年)が初球を左前に弾き返しようやく初安打を放つと、相手が打球処理にもたつく間に二塁まで進む。さらに四球と犠打で1死二三塁の好機をつくり、打席には岡選手。3球目105キロカーブをたたき付けて三ゴロとする間に三塁走者が生還し、ようやく1点を返す。

 

九回、適時内野ゴロを放つ岡選手(撮影・児玉祐基)

 

 なおも辻居選手が四球を選び2死一三塁と同点の絶好機を迎えるが、続く三鍋選手はフルカウントからカーブに手を出しあえなく三振。打線は最後に粘りを見せたものの、小林投手の好投に応えることはできず、今季未勝利のまま最終節を迎える。

 

一打同点の場面で三鍋選手は空振り三振に倒れ、試合終了(撮影・児玉祐基)

 

(湯澤周平)

 

2018年10月10日16:00【記事訂正】スコア下森下投手の所属が明大のところ誤って法大と表記していました。お詫びして訂正いたします。

硬式野球 明大に12失点で大敗 初回3ランで先制も以降は沈黙

硬式野球 有坂投手が1失点完投で明大と引き分け 代打策ピタリ七回に追い付く

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2017年09月09日

硬式野球 開幕戦で立大に敗戦 先発・濱﨑投手好投も打線が好機生かせず

SPORTS 2016年07月07日

七大戦、ラクロス男子と少林寺拳法で優勝 7競技終え、東大が首位

SPORTS 2015年04月20日

部員が見る軟式野球部 2015年度春季リーグ戦第1戦

SPORTS 2017年05月05日

【部員が見る軟式野球⑥】東大、ここまで全勝の法大に5点差からの逆転勝利

COLUMN 2014年03月12日

【サークル奮闘記】女子だって試合に出たい!運動会ゴルフ部、女子部大改革

TOPに戻る