SPORTS 2016年10月11日

ラクロス男子、7年連続の決勝トーナメント決定 リーグ最終戦で青学大に快勝

第2Qに鐵見選手が2得点を決め青学大を突き放した=1日、駒沢補助競技場で(撮影・横井一隆)
第2Qに鐵見選手が2得点を決め青学大を突き放した=1日、駒沢補助競技場で(撮影・横井一隆)

 

 ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は1日、リーグ最終戦の第5戦を青山学院大学と戦い、10―3で勝利した。ブロック2位の東大は関東学生1位を決める決勝トーナメント1回戦(FINAL4)に進出し、早稲田大学と11月3日に戦う。

 

東 大 2323 | 10
青学大 0210 | 3

 

 試合開始約1時間前にブロック3位の一橋大学が勝ち3勝2敗とし、2勝1敗1分けの東大はFINAL4進出に向けて勝ちが絶対条件に。青学大も1部2部入れ替え戦を避けるには負けられず、ゴール前で激しく体を寄せる。東大も金山暖選手(育・4年)を中心に高い守備位置で相手に圧力をかける。すると第1Q(クオーター)10分、ボールを奪った金山選手が起点となり品川康宜選手(法・4年)が先制。しかし第2Q中盤まで2点ずつ取り合い青学大を突き放せない。

 

 流れを引き寄せたい東大は第2Q終盤にチームタイムアウトを取った後、ゴールから離れた位置からのシュートを立て続けに放ち、鐵見周平選手(工・4年)、吉野潤選手(経・3年)がそれぞれ1点を奪う。

 

 後半に入り、青学大はファールを連発しゴール前の堅い守りも崩れ始める。東大は品川選手の守備陣の裏を突くパスやゴーリーのセーブからの速攻など多彩な攻めを見せ、近藤駿一選手(法・4年)の3得点などで青学大を圧倒。守備では効果的なパスカットでほとんどシュートを打たせず、7点差で勝利した。

 

 東大はこれで7年連続のFINAL4進出。対戦相手の早稲田大学は東大と別ブロックの1位で、5月に行われた五月祭試合では8―7で東大を破っている。

 

(児玉祐基)

 

【関連記事】

ラクロス男子、体格で上回る相手に苦戦 米・ホフストラ大に敗北

ラクロス男子 序盤の失点響き、開幕戦で慶大に4点差完敗

ラクロス男子 成蹊大を8点差で破り今季リーグ戦初勝利

ラクロス男子 一橋大を破りリーグ通過へ前進

ラクロス男子、中大と引き分け 5点リード守れずリーグ戦突破は最終戦に持ち越し

 

2016年10月12日 18:00 【記事修正】 近藤駿一選手の所属を「法」に修正しました。

 


この記事は、2016年10月11日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2776_10_11pop622

ニュース:大隅東工大栄誉教授にノーベル賞 「オートファジー」を解明 一時は東大で研究
ニュース:決勝T1回戦に進出 ラクロス男子 青学大に7点差快勝
ニュース:硬式野球 打線沈黙で連敗 2戦でわずか2得点
ニュース:農・磯貝教授に本田賞 東大からは初
ニュース:大隅栄誉教授ノーベル賞 細胞が自身のタンパク質分解 「オートファジー」とは
ニュース:東大法科大学院 3年連続で最高評価 分類ごとに補助金
ニュース:七大戦閉会式 主管校優勝で東大歓喜
ニュース:第55回七大戦 結果一覧
企画:「EU離脱」から国民投票を考える
企画:朝ご飯、食べていますか? 考えて充実させよう
東大新聞オンラインアクセスランキング:2016年9月
東大発ベンチャー:コンシェルジュ
東大今昔物語:進振り結果に歓喜の声
地域の顔 本郷編:MEGRO
キャンパスガール:吉澤和子さん(理学系・修士1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年05月26日

硬式野球 立大エースに抑え込まれ1-7で完敗

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球③】早大との接戦制し今季2勝目

COLUMN 2018年02月06日

【世界というキャンパスで】額田裕己さん⑥ 自然の中を駆け巡る

SPORTS 2017年11月10日

軟式野球部 9季ぶりリーグ優勝 舞台は東日本大会へ

SPORTS 2017年06月13日

東大アメフト部 今季初TDも39失点で大敗 オープン戦ここまで4戦勝ち星なし

TOPに戻る