LATEST NEWS 2020年2月21日

宇宙の生命誕生 現実的なシナリオを発見

 戸谷友則教授(理学系研究科)は、宇宙の中で非生物的な現象から生命が誕生する、これまでで最も現実的なシナリオを見いだした。シナリオが正しければ、将来地球外生命を発見する確率は極めて低いと予想される。成果は3日付の英科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』に掲載された。

 

 非生物的な現象からの生命誕生の問題は、RNAが構成単位となるヌクレオチドから偶然どのように作られたかが焦点になっている。従来、さまざまな仮説に基づいた研究が行われてきたものの、どれも未知の反応や機構を前提とし、具体的かつ現実的ではなかった。

 

 戸谷教授は今回、最新の宇宙論に基づく宇宙の広さに注目。最先端の天文学で支持されている、宇宙は一様に指数関数的に広がるとする「インフレーション宇宙論」によると、宇宙には少なくとも10の100乗個以上の星が存在することになる。

 

 研究では、生命誕生に必要な長さと情報配列を持つRNAが生まれる確率と、宇宙の星の数を結び付ける方程式を作成。生物的活性を持つために必要最低限となる、ヌクレオチド40単位の長さのRNAが偶然に生まれるには10の40乗個ほどの星が必要となり、インフレーション宇宙論に基づくと生命の誕生は自然であることが示された。シナリオに基づくと、その確率の低さから生命を育む惑星は地球のみである可能性が高い。


この記事は2020年2月11日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:学部留学生の相談相手が不在か 学生生活実態調査の結果公表
ニュース:先端研 物流3社が講義開始へ 「高度物流人材」育成目指す
ニュース:「piRNA」産生を試験管内で再現
ニュース:50代男性教授 セクハラで停職処分
ニュース:新型コロナウイルス 受験生への対応を検討
ニュース:日本学術振興会 育志賞に東大生4人 有望な博士課程学生を表彰
ニュース:液体の水の中には2種類の構造が存在
ニュース:宇宙の生命誕生 現実的シナリオ発見
企画:社会変化に合わせた対応を 選択的夫婦別姓導入の障壁とは
企画:大学観光の課題と可能性 観光地化する本郷キャンパス
研究室散歩:@生物物理学 澤井哲教授(総合文化研究科)
サーギル博士と歩く東大キャンパス:⑥駒場Ⅰキャンパス数理科学研究科棟
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)⑧
キャンパスのひと:中嶋理沙さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2020年02月20日

日本学術振興会 育志賞に東大生4人 有望な博士課程学生を表彰

NEWS 2016年12月14日

「ニホニウム」決定を五神総長が祝福

INTERVIEW / PROFESSOR 2017年10月30日

【初年次ゼミナール特集企画】中心教員に聞く! 大学の学びにつながる授業とは

NEWS 2020年02月13日

東洋文化研究所 JAL・香港大と連携協定 人材育成や社会課題解決へ

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年03月25日

退職教員インタビュー② 石田英敬教授 今こそ記号論が必要だ

TOPに戻る