インタビュー

インタビュー

2018年05月19日

【AIの社会実装と応用④】都市設計の最適解探る 羽藤英二教授

 近い将来、現在の仕事の大半が人工知能(AI)に取って代わられると言われる現代。車、駅、ビル、街全体の自動化の可能性が出てくるとともに、農業機械・農作業の自動化も見込まれるように、機械学習の可能性は多方面に広がっている。しかし、機械学習研究が日々進歩を遂げその可能性が広く認識されている日本でも、車の自動運転をはじめ機械学習の社会実装にはまだ道のりがあるように思える。  AI研究の進展の鍵を握
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 34
TOPに戻る