SPORTS 2016年10月30日

【部員が見る軟式野球⑪】新人戦は初戦敗退 終盤に失点重ねる

軟式野球部秋季阿久澤杯一回戦vs立教大学(10月24日)

 

立教 0 0 0 0 0 0 1 1 2 | 4  

東大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

 

東大先発の中村投手(写真は軟式野球部提供)
東大先発の中村投手(写真は軟式野球部提供)

 

 秋季リーグ戦の全日程が終了し、一二年生のみで臨む秋季阿久沢杯。二年生としては最後の新人戦であり何としても負けられない初戦である。

 

 東大の先発は二年生左腕の中村(文Ⅲ・2年)。初回、先頭にいきなり四球を与えると、続く打者も内野安打で無死一二塁とされる。その後、犠打により一死二三塁と開始早々危機を迎えるものの、後続を打ち取り何とか無失点で切り抜ける。その後中村は落ち着きを取り戻し、持ち前の打たせて取る投球で六回まで強打の立教打線相手に許した走者は単打による一人のみ。完璧な投球で相手に付け入る隙を全く与えない。一方の東大打線も相手先発の一年平林に対し六回まで一人の走者も出せず完璧に封じ込まれる。投手戦となった試合は両チームとも無得点のまま終盤戦に突入する。

 

 試合が動いたのは七回表。この回先頭の立教四番寺崎に左前安打を許すと、後続が好機を拡大し一死一三塁とされる。ここで六番田鎖に中犠飛を放たれ、手痛い先取点を奪われる。中村はその後何とか粘りの投球で後続を打ち取ったものの、この回で降板となる。

 

 反撃したい東大は直後の七回裏。一死から二番松本(文Ⅲ・2年)の死球で初めての走者を出すと、その後すかさず盗塁を決める。続く三番吉永(理Ⅰ・2年)は四球を選び一死一二塁とこの試合最大の好機を迎えるものの、後続があと一本を打つことができず、得点することができない。

 

 八回表、中村に代わり登板した二年濱野(文Ⅱ・2年)は、勢いに乗った立教打線を抑えることが出来ず追加点を許すと、さらに九回表にも安打に失策が絡み失点してしまう。

 

東大この試合初の安打を放った平野選手(写真は軟式野球部提供)
東大この試合初の安打を放った平野選手(写真は軟式野球部提供)

 

 九回裏、無安打で終わるわけにはいかない東大は、先頭の九番平野(理Ⅰ・2年)が意地の右前安打を放ち出塁する。ここから勢いに乗って何とか反撃したい東大であったが、相手投手平林の粘りの投球の前に、得点を奪うことが出来ず無得点のまま試合終了。0-4で立教に敗北を喫した。

 

軟式野球部 中村俊介(文Ⅲ・2年)

 

【関連記事】

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

【部員が見る軟式野球④】失策響き慶大に惜敗

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

【部員が見る軟式野球⑥】過密日程の初戦は早大に惜敗

【部員が見る軟式野球⑦】明大にノーヒットノーラン喫す 東日本大会出場の可能性が消滅

【部員が見る軟式野球⑧】首位明大にサヨナラ負け 今季負け越しが決定

【部員が見る軟式野球⑨】好機作るも、あと一本出ず 拙攻目立ち4連敗

【部員が見る軟式野球⑩】初回先頭打者本塁打で先制も逆転負け リーグ最下位で終戦

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年11月03日

箱根駅伝予選会 東大の近藤選手、学生連合入り

SPORTS 2015年05月24日

【写真・各回詳細つき】東大野球部2010年秋季リーグ以来、9季ぶりの勝利

COLUMN 2016年08月06日

【東大ゴルフ部寄稿】リオ五輪「ゴルフ」の見どころ

SPORTS 2017年02月24日

データで読み解く東大のドラフト候補・宮台の現在地

SPORTS 2015年10月12日

東大硬式野球 明大に零封され連敗

TOPに戻る