SPORTS 2017年4月28日

【部員が見る軟式野球④】東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

軟式野球部春季リーグ戦第4戦vs明治大学(4月13日)

 

明大 0 0 0 0 0 2 0 0 0 | 2
東大 0 0 0 0 1 1 0 1 X | 3

 

 初戦を落とすも、その後の二連勝で波に乗っている東大は、前回の早稲田戦で好投を見せた西野(文Ⅲ・2年)を先発のマウンドへと送る。

 

 両チームの先発投手が好投を見せ均衡した試合展開となるが、五回に遂に試合が動く。五回裏、東大は先頭打者の勝田(経・3年)が投飛に倒れるも、一死から平野(工・3年)が四球で出塁すると、続く西野のバントが相手捕手の送球ミスを誘い、一死一・三塁のチャンスを作る。続く八番西池(農・3年)は浅い左飛に倒れ、ランナーを返すことができなかったものの、九番新造(農・3年)の死球で満塁とし、さらに一番大川(工・4年)が粘り強さを見せ、遂にフルカウントから四球を選び押し出しで先制する。しかし、六回表の明治の攻撃では、ヒットとエラーで同点に追いつかれると、押し出し四球で逆転される。しかし東大は、六回裏にすかさず平野がタイムリーを放ち同点に追いつくと、八回には相手のエラーで一点を加え、再びリードを奪った。最後は今リーグ抑えを任される、期待の新2年小林(理Ⅱ・2年)が相手打線を振り切り、三勝目を挙げた。

 

六回に同点適時打を放った平野選手(写真は軟式野球部提供)

 

 本日の勝利で二位に浮上した東大。全国大会出場への切符を掴むために、三連勝の勢いそのままに残りの試合を全勝していきたい。

 

軟式野球部 松浦優汰(文Ⅱ・2年)


【部員が見る軟式野球】

慶大に1―3 春季リーグは黒星スタート

東大軟式野球部、明大に1―0で今季初白星

東大軟式野球部が2016年秋季リーグ優勝校・早大に快勝

リーグ2位の東大は延長の末、慶大と引き分け

東大、ここまで全勝の法大に5点差からの逆転勝利

東大が延長の末、早大に痛いサヨナラ負け

東大、後一本が出ず法大に敗退 リーグ優勝を逃す

エース西野投手の好投で立大を下し、東大はリーグ準優勝

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年05月06日

アメフト部 1部上位リーグ所属の明大に16-13で勝利

SPORTS 2016年05月08日

硬式野球部、立大に投打で完敗 勝ち点は明日の試合で

COLUMN 2014年04月03日

【サークル奮闘記】駒場で開かれる「2.4時間テレビ」とは?

SPORTS 2016年07月07日

七大戦、ラクロス男子と少林寺拳法で優勝 7競技終え、東大が首位

SPORTS 2016年09月06日

七大戦、東大が8月終え首位堅持 弓道女子が3年ぶり優勝

TOPに戻る