SPORTS 2017年5月8日

【部員が見る軟式野球⑨】エース西野投手の好投で立大を下し、東大はリーグ準優勝

軟式野球部春季リーグ戦第9戦vs立教大学(5月2日)

 

東大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 | 4
立大 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 | 1

 

 前回の試合で優勝を逃した東大は、リーグ準優勝を目標に試合に臨む。

 

 試合は初回、二番の吉井(経・4年)が安打で出塁するとすかさず盗塁、二死二塁の好機で四番永幡(工・4年)が適時打を放ち1点を先制する。東大の先発は今リーグチームを支える投球をするエース西野(文Ⅲ・2年)。西野は5回まで立教打線を無安打に抑える投球を披露し、その後8回まで相手打線を無得点に封じる。

 

 緊迫した投手戦となった試合が動いたのは9回、西野は一死から二塁打を許すと、味方の失策により1点を失い同点とされ、試合は延長戦に突入する。しかし10回の東大の攻撃、先頭の平野(工・3年)が安打で出塁すると、代打川崎(文Ⅱ・2年)は相手失策を誘う痛烈な打球を放ち、一死一二塁となる。この好機で好調の九番新造(農・3年)が中堅手の頭上を越える適時三塁打を放ち2点を加え、試合を決める。その後さらに1点を追加し3点のリードを奪った東大は、エース西野が完投し勝利を飾った。西野は10回自責点0の完投と、圧巻の投球であった。

 

試合を決める適時三塁打を放った新造選手(写真は軟式野球部提供)
10回自責点0と圧巻の投球を見せた西野投手(写真は軟式野球部提供)

 

 この試合で東大は準優勝を決めた。四年生の最後の公式戦となる最終戦も勝利を飾るべく、チーム一丸となり最後まで戦い抜きたい。

 

軟式野球部 小林瑶平(理Ⅱ・2年)


【部員が見る軟式野球】

慶大に1―3 春季リーグは黒星スタート

東大軟式野球部、明大に1―0で今季初白星

東大軟式野球部が2016年秋季リーグ優勝校・早大に快勝

東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

リーグ2位の東大は延長の末、慶大と引き分け

東大、ここまで全勝の法大に5点差からの逆転勝利

東大が延長の末、早大に痛いサヨナラ負け

東大、後一本が出ず法大に敗退 リーグ優勝を逃す

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年07月30日

【東大フェンシング部寄稿】リオ五輪「フェンシング」の見どころ

SPORTS 2016年10月17日

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

COLUMN 2016年08月04日

【東大ハンドボール部寄稿】リオ五輪「ハンドボール」の見どころ

COLUMN 2017年11月20日

東大硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 秋季リーグ戦をデータ面から振り返る

SPORTS 2016年06月16日

【部員が見る軟式野球】新人戦1回戦で慶大に惜敗

TOPに戻る